【最大70%以上割引】毎日人気の商品が日替わり!Amazonお得なタイムセールはこちらから

【大量退職】堺市の認定保育園はどこ?原因は何?身近で感じる昨今の保育現場

当ページのリンクには広告が含まれています。

※この記事についてのご意見は受付けておりません。ご了承ください。

新年度間際になって、保育士さんの大量退職が世間を賑わせています。

問題の保育園はどこ?大量退職の原因は?

この記事では、大量退職の保育園と原因は何だったか?を調べてみました。

また、保育従事者(→問題の保育園で勤務していませんよ。)の身内と知り合いがいる筆者が、昨今の保育現場について思ったことを綴っています。

目次

大量退職、問題の保育園は?


Photo by:PixaBay

堺市の認定保育園だった

大量退職で話題の保育園

法人名:社会福祉法人 森の子ども

グループ施設:あいあい浜寺中央子ども園

住所:大阪府堺市西区浜寺船尾町西2丁67番1

従業員数:80名(令和4年9月1日現在)

Webサイト:社会福祉法人 森の子ども

ふと、目に飛び込んできたYahoo!ニュースの記事。

現場は、大阪府堺市にある社会福祉法人 森の子どものグループ施設「あいあい浜寺中央子ども園」。

従業員80名、グループ施設4つあるわりと大きな法人です。

保育園でパワハラがあるので、他の施設でも似たようなことがあるんじゃないか?と勘ぐってしまいます。

パワハラが原因

理事長の母親である「会長」がパワハラを保育士さんに繰り返していたとのこと。

パワハラが続くので、退職者が後をたたず、健全な保育の環境を作ることができなかったとのことです。

この大量退職で、今春、120人の継続の園児と新入園児15人の受け入れが難しいとも。

Xの反響

本当に。経営する気がなかったら最初から保育園を経営しなければと強く思います。

自分たちで自分の首を絞めるどころか、運営困難とは。それも認定保育園。信頼して預けた保護者の方や園児が気の毒です。

引用元:社会福祉法人 森の子ども公式サイト

参照:Yahoo!ニュース

身近で感じる昨今の保育現場


Photo by:PixaBay

身内、知り合いの保育現場は?

身内や知り合いに保育園で勤務している人がいるので、保育系の話題はこちらもつい注視してしまいます。

知り合いで、長年保育園にパート勤務している人がいるのですが、最近になって辞めたいとのこと。

卯月

保育園の雰囲気はどう?

保育士さん

人事異動で新しく来た人が感じが悪くて。一気に雰囲気が悪くなったんです。

一方で、身内で保育園の用務員をしている人がいます。

その人は、大手メーカーを早期退職した後、ボケ防止的に働きたいということで契約社員として勤務。お給料は、メーカー時代の3分の1に満たないそうです。

卯月

メーカー時代はある程度責任のある部署にいて、精神的にキツかったと伺ってますが、今のお仕事は?

用務員さん

用務員の仕事は、力仕事が多いだけで、精神的にずっと楽なので満足。
お給料の面は除いてね。

安すぎるお給料 


Photo by:PixaBay

周りの保育士さんの働きぶりを見ると、労働に見合わず給料が安過ぎると言ってましたね。

そんな知り合いの用務員の時給は1,000円ちょっと。筆者が事務系ゆるゆる派遣で勤務していた時給よりはるかに低い。

1年勤務していたけど、時給安いから今年は辞めるかな?とその知り合い。

お金と人間関係。これさえ整えられていたらと思います。職場で気持ちよく勤務するためにも重要ですね。

筆者が感じたことで締めます


Photo by:PixaBay

お金の話をすると、「ズルい」「怪しい」「世の中お金ではない」とはよく聞いたことあります。

健康に越したことはないという前提で。

現場で働く人にとって、やはり「お給料」は労働力の対価として最重要かと筆者は思うわけです。

あとは、個々の民度ですかね…。


Photo by:PixaBay

この現場の大量退職については、保育士さんたちの心の健康を守るために必要でしょう。

筆者もパワハラされた経験があります。最終的には、その職場を離れる決断をしました。自分の心を守るために。

いったん心を壊すと立ち直りに時間がかかるどころか、一生苦しむことになりますからね。

どうか、保育現場の問題が根本的に解決できる日がきますように。と祈るばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

卯月
地域情報発信ライター・ブロガー
このブログでは、「アラフィフ以降も暮らしを楽しむ!」をコンセプトに、自身の経験した仕事、趣味、学びなどをメインに発信しています
書道師範、積算資格
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次